遺品整理や家族葬、人生の最後に行う手続きについて

高まる需要

遺品整理のサービスは、近年、需要が高まっているサービスのひとつで、業者の数も増えています。核家族化や、高齢者の一人暮らしといった生活に関する社会的な状況が、その理由となっています。

Read More

お墓と業者

お墓の掃除を代行してもらうことが出来る、お墓掃除の代行サービスを手がける業者など、お墓関係の専門業者がいくつかあります。積極的に利用していくことで、お墓を綺麗に保つことが出来ます。

Read More

家族葬を行う

家族葬は身近な人だけ集めたものです。故人とゆっくりとお別れをすることで、受付や返礼を行う必要がありません。高齢化や少子化に伴い需要が増えて来ている形式です。生前から依頼している人も多く、葬儀社も対応を行っています。

Read More

専門家と手続き

認知症や病気の後遺症などで意思疎通が困難となった方の資産を、親族が代わりに管理することが成年後見人制度です。成年後見人の手続きは時間がかかるため、専門家のサポートを受けることが得策です。

Read More

仏壇価格を知る

仏壇が必要になるケースは多いです。以前は仏具店での販売が一般的だった仏壇ですが、近年はホームセンターやインターネットを使って手軽に購入することが可能となっています。

Read More

イメージと現実

今注目されている家族での葬儀とは

家族葬という言葉を耳にする機会が増えてきました。新聞の広告欄やインターネット、テレビなどでも取り上げられるケースが増えています。しかし、実際には家族葬がどういったものなのか漠然としたイメージしか描けない方も多いのではないでしょうか。 家族葬は文字通り家族だけで行う葬儀のことを示しますが明確な定義等はありません。なぜならば「家族」という概念のとらえ方が人それぞれによって異なるケースが多いためです。例えば、同じ家で過ごす人を「家族」と捉える場合と3等身までを家族と捉える場合では、家族葬の規模や内容が異なってきます。 したがって、実際に家族葬を希望される場合あるいは将来的に検討している場合にはご家族同士で「家族」の概念をすり合わせておく必要があります。

家族で行う葬儀のメッリトとは

では実際に不幸があった場合に家族葬を選択するとどのようなメリットがあるのでしょうか。 まず1つ目に、葬儀の費用を抑えることが可能になります。ご近所などを呼ばないでよいので小さい部屋で葬儀が挙げられるなど、コストを抑える幅が広がります。 そして2つ目に、香典返しなどの返礼品を用意する必要がなくなります。会葬者がいませんのでそういった物は不要になるだけでなく、忙しい中会葬者へ気を遣う必要もあくなります。 そして3つ目に、故人とご家族がじっくり向き合うことができるというメリットがあります。他のことに気を遣うことなく、生前と同じようにご家族だけで最期の時間を過ごせるという点は家族葬の最大のメリットと考えられます。 最近では葬儀の在り方が多様化しているため、ご家族の状況にあった葬儀を選択することが可能となっております。もしものことを考えることは憚られるかもしれませんが、いざというときのためにご家族で相談することも大切なことだといえるでしょう。

家族葬を行う

家族葬は身近な人だけ集めたものです。故人とゆっくりとお別れをすることで、受付や返礼を行う必要がありません。高齢化や少子化に伴い需要が増えて来ている形式です。生前から依頼している人も多く、葬儀社も対応を行っています。

Read More